ホーム > 一般歯科

一般歯科

一般歯科について

一般歯科について

できるだけ削らない治療を行っています。
歯を削らない理由は何ですか?と聞かれると私の答えは「歯を長持ちするため」です。
歯は削ったら自然に元通りにはなりません。私たちはいつも、虫歯を削るときに身体の一部を削る感覚でいます。虫歯になってしまったものは削るしかありませんが、健康な部分は削らなくて済むように細心注意を払って治療を行います。1日でも多くご自身の歯で健康に過ごして頂きたいと本気で思っています。

なるべく痛くない治療を心がけています。
麻酔をする際には、麻酔の前の表面麻酔をなるべくするようにしています。また、麻酔の針も一番細いタイプのものを使用し、なるべく痛みがでにくい部位を選んで機械で打つようにしているので指す時の痛みはほとんどありません。
それに麻酔を入れる時も速度を調整しながら、麻酔薬を注入しているので、患者さんからもいつも安心して座っていられると言われる事も多いです。

虫歯の処置後について
当院では、メタルフリーをかかげて治療を行っているため、保険適用の金剛金を、虫歯を削った後の詰めものとして使う事はございません。保険の場合は、コンポレットレジンといって、比較的歯の自然な色に近い詰め物を使用しています。患者さんからも金剛金よりも見栄えもよく、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けて頂けます。
より自然な歯の色に近い素材も保険適用外ではありますが、当院ではセレックを導入しているため、安価でご提供することができます。ご希望があれば、いつでもおっしゃって下さい。

歯をより美しく見せる審美歯科についてはこちらから

歯周病について

歯周病について

歯茎が腫れて、血が出ると言う方へ
ひょっとしたら、それは歯周病かもしれません。
歯周病を放っておくと、ひどい口臭の原因になったり、歯茎がやせて歯が抜けたり、糖尿病の悪化の原因になったり、肺炎になったり、あらゆる体内への悪影響を及ぼします。その要因としては、歯周病菌が血管を通じて全身に運ばれていくからです。
歯周病は歯肉のまわりに歯垢や歯石があるような環境が持続的に続くことで、発症しやすくなります。なので、菌のリスクをなるべく少なくするために、歯垢や歯石の無い環境をつくる事が重要です。
ホームページをご覧になられた方へ、歯周病は痛みを伴わない病気のため、ご自身で気付く事は非常に難しいと思います。ですが、放っておくと取り返しのつかないリスクを身体に背負っていくことにもなりますので、早期に治療をする事を本気でお勧めいたします。

お子様のいるお母様、妊娠されていらっしゃるお母様へ
赤ちゃんのいるお母様が歯周病の場合、食べ物を口から口へ運ぶ際に歯周病菌が移ってしまい、赤ちゃんの身体に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。他にも妊娠されているお母様は、お腹のお子さんに栄養を与えるため、自身の栄養不足から歯周病になりやすかったり、妊娠中は歯ブラシをお口の中に入れるのも苦痛になり歯磨きなどの基本的なケアがおろそかになったり、歯周病にかかりやすい環境となります。それも、放っておくと歯周病菌がお腹の中の胎児に悪影響を及ぼす可能性もございますので、お子様がいらっしゃって大変だとは思いますが、定期的ケアは欠かしてはなりません。
当院では、妊娠中の歯周病治療も行っております。安心してご相談下さい。

歯周病の治療について
当院では、専用の器具を使用して歯石や歯垢を取り除くことから始めています。
表面についているだけの場合であれば、すぐ済みますが、歯茎の中に入り込んでいる事もあります。その場合は歯茎の中に溜まった歯石や歯垢を、歯茎を切開したうえで除去していきます。
歯石や歯垢は通院だけでは定期的にたまってきてしまいます。根本からく失くしていくためにはやはり、患者さんに正しい歯磨きの方法や予防の方法を身につけていただく必要がございます。そこでみどりデンタルクリニックでは、歯周病予防のためのブラッシング指導やお薬を使ったアフターケアの方法もレクチャーしております。

虫歯の予防について

虫歯の予防について
保険内での予防診療

スケーリング
虫歯は歯に溜まった歯垢や歯石の中にいる虫歯菌が食べカスを食す際に強い酸を出し、健康な歯を蝕む事から発生します。
つまり、歯垢や歯石を放置することにより虫歯となるのです。
当院では虫歯の原因となる歯垢や歯石をスケーラーと呼ばれる専門の器具で除去するスケーリングを行っています。

フッ素塗布※フッ素の種類によっては自費になります。
スケーリングの後、綺麗になった歯の上にフッ素の塗布をします。これは、虫歯菌が付きにくくなるというのと、歯そのものが強くなる効果があります。

歯ブラシ指導
歯の形は一人一人違います。患者さんにあった歯ブラシの方法を丁寧にお教えします。

小児の場合・シーラント
乳歯の奥歯は溝が深く、虫歯の進行が早くなりやすいので、
溝を埋め、虫歯になりづらくするために、プラスチック材で溝を埋める治療の事です。
2~3ヶ月で外れる場合がございますので、定期的に通院をお勧めしております。

自費で行う予防診療

PMTC
歯石や歯垢を染めだし、まずは通常の歯磨きなどで落とせていない箇所の確認をします。そして、ゴムやブラシなどの柔らかい素材のもので歯の表面や根元の部分を綺麗に磨き上げていきます。
この時に、微粒子研磨ペーストを使用するので仕上がりはとても綺麗です。

小児歯科について

小児歯科について

お子様を安心して預けられる院です。
当院の常勤スタッフは皆女性なので、お母様も安心して預けていただけると思います。歯医者と聞くと泣かられるお子さんのほうが多いと思いますが、当院に通院されるお子さんはほとんど泣かずに治療をさせてくれます。まず、無理やり治療を始めない事と治療を始める前にしっかりおはなしをする事がお子さんの安心感に繋がっていると私は思っています。
また、当院のスタッフも、お子様との接し方が上手で、お子さんが学校帰りやおけいこ帰りに寄ってくれたりすることもあるんです。

頑張ったお子様へ
治療を頑張ったお子様には、ご褒美におもちゃをご用意しております。ガチャガチャになっているので、何が出てくるかは、お楽しみです☆

乳歯と歯並びは密接な関係があります。
乳歯は抜け変わる歯だからとおいって、粗末にしてはいけません。
乳歯は丈夫な永久歯が生える準備をする大切な歯です。
乳歯のうちに噛む事で顎の骨を成長させる事ができたり、知能の発達につながったりし、噛み合わせが正常になります。

~乳歯が虫歯になったら~ ~乳歯が早くぬけてしまったら~

写真のように乳歯の虫歯の放置や、乳歯が通常より早く抜けてしまった事で、歯が寄ってきて、歯並びが悪くなる事があります。
当院では、乳歯から永久歯に交換するときに、この大切な時期を矯正専門医にすぐ相談できるシステムができています。(相談時期を逃さないことが重要です)
歯および顎骨の成長は、幼児期から思春期までの長期間で変化し続け、適応した噛み合わせを徐々に獲得していきます。そのため適切な時期に矯正医による歯のチェックはとても重要なんです。
相談時期を逃さないよう定期的に患者様の口の中をチェックして、必要があれば矯正医に不正咬合のチェックを随時行ってもらいます。
当院で行っている小児矯正治療では夜間のみ使用する取り外しの出来る機能的装置を使用して、上下顎骨の成長誘導をはかります。きちんと使用していただくと、将来永久歯を抜かないで、歯を並べられる可能性が高くなります。
なお、矯正治療終了後に、上下顎が成長して、歯列が整うと、舌がおさまり易くなり、気道および鼻腔通気も良くなるので、二次的に鼻呼吸がしやすくなります。

小さなお子様のお口の中の事でお悩みのお母様、遠慮なくご相談下さい。

☆みどりデンタルクリニックの診療案内

みどりデンタルクリニック 電話番号:047-482-3472