ホーム > 口輪筋トレーニング

口輪筋トレーニング

口のまわりの筋肉がゆるいと・・・

口のまわりの筋肉がゆるいと・・・

最近の子供たちは口唇のしまり(口唇閉鎖力)が悪いようです。
原因には鼻の病気、母乳で育ってない、舌癖などがあり、だんだんと口呼吸になっていきます。
その後イビキ、口臭、不正咬合と変化する人もいます。

口呼吸について

顔の形と姿勢は食事のとり方や呼吸法で影響を受けます。
また口呼吸は免疫系器官に悪い影響を及ぼし鼻炎やアデノイドのほか
気道の炎症のもととなり歯並びを悪くします。
特に体育ではことのほか鼻呼吸を守ることが大切です。
治療としてトレーニングを中心に行います。
口呼吸について
口呼吸について

小児だけでなく健康状態を数値化することを始めました。
今までは、トレーニングだけを進めていたのですが、
長続きしない欠点があり数値化して目標をもたせることにしました。

健康状態の数値化

最近の子供は口唇閉鎖力(口のしまり)が悪いです。
口が『ぽかー』と開いている状態のお子様をよくお見受けします。

当院では小児だけではなく、健康状態を数値化することを始めました。
今までは、トレーニングだけを進めていたのですが「長続きしない」という欠点がありました。
しかし数値化して目標を持つことにより、より効果を期待できると考えております。

健康状態の数値化
健康状態の数値化

左記のように専用の測定器を噛んでいただき、その強さを数値化し、これを一定のスパンで繰り返し、トレーニングしていきます。数値化することでわかりづらい部分も視覚的にみることができ、目標に近づいている実感を感じることができます。継続することでしか治療できない部分ですので、計画を立てて取り組むことが大切です。

口輪筋トレーニングの写真

口輪筋トレーニングの写真
口輪筋トレーニングの写真
口輪筋トレーニングの写真
口輪筋トレーニングの写真

※画像をクリックすると拡大します。

☆みどりデンタルクリニックの診療案内

みどりデンタルクリニック 電話番号:047-482-3472