医院ブログ

2022.03.31更新

こんにちはni

今回は咀嚼力について。

 

筋肉、頰、舌、唾液、唇、呼吸、喉

それぞれが一体化して

営まれています。

 

食べる力をつける、

トレーニングをやりましょうglitter3

 

咀嚼訓練

年齢を重ね噛む力が衰えると、

食事はやわらかいものを好むようになり、

偏食や栄養バランスの偏りなどにより

口の機能の低下はもちろん

全身への健康にも影響を及ばします汗

噛むために必要な筋肉を鍛えましょう!!

 

訓練方法

ガムを噛むことにより、

筋肉を鍛えることができますihi

1日2回(朝と夜)、2分間はリズムを決めて、

3分間は自由に

計5分間噛みましょう!

 

 唇を閉じて、しっかりと噛みましょう

 ガムは一ヶ所で噛まず、左右両側で均等に噛みましょう

 姿勢を正して噛みましょう

 

 

無意味音音節連鎖訓練

口の機能低下や誤嚥を防ぐために、

発音の訓練をすることはとても大切ですleaf

唾液がよく出るようにもなります!

 

訓練方法

1 単純パターン(①〜⑩)と複雑パターン(①〜⑩)を、

  毎日毎食・昼食前に各5回行って下さい

咀嚼

 発音するときは、できるだけ唇や舌を意識して動かして下さい

 はじめは、ゆっくり・はっきり・大きな声で行なっていただき、

  だんだん速く行えるよう頑張って下さい 

 

 

投稿者: みどりデンタルクリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ