医院ブログ

2020.08.18更新

こんにちはnico

今回は残っている歯の少ない高齢者や、

要介護の方にオススメの歯ブラシをご紹介致しますstar

 

「柄付くるリーナブラシ」ですheart2

 

ガーゼ(口腔ウェットティッシュ)や、

スポンジブラシではなく

何故くるリーナブラシが良いのか比較していきます!!

 

①汚れの除去力

ガーゼ

●食物残渣や痰が取りきれない

●お口の奥まで届かない

スポンジブラシ 

●食物残渣や痰が巻きつかず取りきれない

●柄が短く、お口の奥まで届かない

くるリーナブラシ

●ヘッド全体を覆う球状のブラシで、一気にからめ取れる

●柄が長い為、お口の奥にたまった食物残渣や痰も取れる

 

②安全性

ガーゼ

●指を噛まれる危険がある

●汚れをお口の中に落としやすい

●視野が確保できず、お口の中が見えにくい

 スポンジブラシ

●スポンジ部分を噛み切られたり、柄が折れたりしやすい

●汚れをお口の中に落としやすい

●押した時に芯が当たって苦痛を与えてしまう

●柄が短い為に視野が確保できず、

 さらに自分の手が邪魔になって見えにくい 

くるリーナブラシ

●指を噛まれる危険がない

●ネックワイヤーなので、噛み切られたりしない

●ブラシにしっかり絡みついて、汚れをお口の中に落とさない

●長い柄によって視野を広く確保でき、

 やさしいタッチでケアできる

 

③経済面&エコ面(1日3回、1ヶ月の場合)

ガーゼ

●使い捨て

●120〜150枚使用

スポンジブラシ

●使い捨て

●約90本使用

くるリーナブラシ

●使用後、水で洗って繰り返し使える

●約1本使用

 

「柄付くるリーナブラシ」を使うと、

介助する側は、

効率的に食物残渣や痰が取れる

口腔ケアの質が向上し、時間も短縮する

口腔ケアの拒否がなくなる

介助者の指が誤咬から守れる

安心してケアができる

モチベーションがUP

 

逆に介助される側も良い事がいっぱいなんです笑う

口の中がさっぱりして気持ちがいい

ケア時の苦痛が軽減する

窒息や誤嚥性肺炎のリスクが低下する

呼吸が楽になる

口臭が改善する

(食物残渣や汚れが原因による場合です)

 

このブラシは本当によく考えて作られていますnote

是非お試しくださいflower2

くるリーナ

 

 

 

投稿者: みどりデンタルクリニック

2020.08.16更新

こんにちは笑う

今回はキシリトールについてです。

 

多くの方が

「なんとなく歯に良さそう」

という印象を持っていると思います。

 

実は、、、

なんとなく歯に良いというレベルではありません。

本当に歯に良いのですglitter

 

キシリトールで

「虫歯の心配がいらない生活」

を過ごしてみませんか???

 

まずはキシリトールを知りましょうihi

 

キシリトールとは、

天然素材の甘味料。

 

シラカバやカシなどの樹木から取れる成分が原料です。

主にフィンランドで生産されています。

 

キシリトールは果物や野菜にも含まれます。

イチゴやイエロープラム、

ラズベリーやほうれん草など。

 

しかし、これらを食べても残念ながら

歯には効果はありません汗

 

果物や野菜からキシリトールをとるには、

とても沢山の量を食べなければならないのです!

 

それから、キシリトールはかつて10年以上、

炭水化物として「点滴」に使われてきました。

 

1997年には、厚生省から

「食品添加物」として認可。

安心・安全は保証済みです。

 

虫歯の原因は色々ありますが、

その第1位

 「ミュータンス菌(虫歯菌)」

 

この菌に対して、大きな影響を与えるのが

キシリトールなんです。

 

ミュータンス菌を弱らせ、

減らしてくれる力があります。

 

その力によって、虫歯を作りにくい

「善玉」

が増えます。

 

お腹同様、お口も善い菌が増える事で

健康になりますnote2

 

キシリトールを活用すれば

美味しく・簡単

虫歯予防ができますstar

 

しかもカロリーが低いので、

ダイエットしたい方にもオススメですflower2

 

 

 

投稿者: みどりデンタルクリニック